太っていてもバドミントンをすることはできるの?

太っていてもバドミントンをすることはできるの?

「太っていてもバドミントンはできますか?」という質問を、よく受けることがあります。この記事では、そんな「太っていてもバドミントンはできるのか」ということについて、執筆をしてゆきます。はたして、太っている人は、バドミントンをプレイすることができるのでしょうか。

 

 

楽しむ程度のバドミントンなら、太っていても問題ない

 

結論を言いますと、「楽しむ程度のバドミントンなら、太っていても問題ない」ということです。つまり、あなたが太っていても、楽しむ程度のバドミントンなら、問題なくプレイすることができます。

一方で、バドミントンを上達させたいのであれば、太っていることが不利になります。そのため、バドミントンを上達させたいのなら、痩せることが大切になるのです。

 

 

バドミントンを楽しんでいる肥満な人は多くいる

私は、「楽しみたい人向けのバドミントン教室」に関わる機会が、多くあります。そして、「楽しみたい人向けのバドミントン教室」には、肥満な人も多くいるのです。

そのため、「バドミントンを楽しんでいる肥満な人は多くいる」と、私は自信を持って言うことができます。

「肥満な人」も「スリムな人」も、わきあいあいとバドミントンを楽しんでいる教室は、とても多いのではないでしょうか。

 

 

太っていても、バドミントンをプレイすることができる

ちなみに、「肥満な人」と「スリムな人」が試合をした場合、勝率は五分五分であると感じています。つまり、肥満であるとしても、他の人に置いてかれることなく、バドミントンを楽しむことができると言うことでしょう。

バドミントンの基本は、ラケットに羽根を当てることにありますからね。言うまでもなく、太っているからといって、ラケットに羽根があたらないわけがありません。

ただ、太っている人は、瞬発力に欠ける傾向があると思います。例えば、遠くに羽根を打ち込まれたときに、太っている人は対処できないことが多いと感じるのです。

ただ、それでも「バドミントンを楽しむ」という視点で考えた場合、太っていても全く問題がないでしょう。

 

太っていることを気にすることなく、気軽にバドミントンに参加しよう

 

確かに、「本当にバドミントンを始めるべきか」と悩んでしまうことでしょう。しかし、深く考え込むことなく、気軽にバドミントンに参加してみてください。

やはり、最初の1歩を踏み出すことが、大切なのではないでしょうか。仮に、「バドミントンは自分に合わない」と感じたら、そのときにやめればいいのです。

せっかく、現時点でバドミントンに興味を持っているわけですから、気軽に飛び込んでみてください。もしかしたら、バドミントンにはまってしまい、一生の趣味になるかもしれませんよ。

 

 

バドミントンを上達させたいのなら、痩せてゆくべき

 

バドミントンを上達させてゆきたいのなら、痩せることを目指すべきでしょう。ここからは、そんな「バドミントンと痩せること」について、紹介をしてゆきます。

 

 

バドミントンが上手な肥満はいない?

「バドミントンをどこまで上達させたいか」によって、目指すべき体質は異なるでしょう。例えば、バドミントン選手になりたいのなら、アスリート体質にならなければいけません。一方で、中級者程度に上達したいのなら、アスリート体質になる必要はないのです。

ただし、「今よりバドミントンを上達させたい」と考えるのなら、今よりは痩せることが重要であると言えるでしょう。

 

 

太っていると、本格的なバドミントンをプレイする際に支障が出る

例えば、レベルが高いバドミントンの試合で勝つためには、瞬発力が大切になってきます。やはり、様々な場所に打たれる羽根を打ち返すには、瞬発力がなければいけないのです。言うまでもなく、太っていて瞬発力が乏しい状態では、試合で不利になってしまいます。

このように、太っているということは、本格的にバドミントンをプレイするにあたって、不利になることが多いのです。

したがって、バドミントンを上達させたいのであれば、体を絞ってゆくことが大切になってくるでしょう。

ただし、焦って痩せようとするのは禁物!

よく、「痩せてやる!!」と意気込んで、焦ってしまう人がいるものです。しかし、このように焦って痩せようとするのは禁物です。言うまでもなく、焦って痩せようとすると、体を壊してしまいがちです。やはり、痩せたいのであれば、少しずつ痩せてゆくことが大切だと言えるでしょう。

バドミントンだって、少しずつ上達をしてゆくわけですよね。それと同じように、痩せることも「少しずつ」を意識するようにしてください。

 

 

バドミントンを楽しみながら痩せるのがオススメ

 

では、バドミントンを上達させたい場合は、どのように痩せてゆけばいいのでしょうか。また、痩せてゆく際には、具体的にどのようなことに気をつけるべきなのでしょうか。

ここからは、バドミントン上達のために痩せる方法について、具体的に提案をしてゆきます。

 

 

バドミントンを定期的にプレイすれば、今よりは痩せるはず

バドミントンをプレイするということは、カロリーを消費するということです。つまり、バドミントンを定期的にプレイすれば、今より痩せるはずなのです。

「痩せたい」と考えるのであれば、バドミントンを定期的にプレイすることが大切だと言えるでしょう(そもそも上達したいのならバドミントンの定期的なプレイは重要です)。

ただ、例えば暴飲暴食をしてしまったら、どうなるでしょうか。いくら、バドミントンを定期的にプレイしても、痩せることはありませんよね。

痩せたいのであれば、バドミントンを定期的にプレイするとともに、健康に気を使うことも大切なのです。

ジョギングなども行いたい

 

ただ、定期的なバドミントンだけでは、痩せるのに限度があります。そこで、オススメしたい方法がジョギングです。

定期的にジョギングをすれば、より痩せることができるでしょう。また、定期的にジョギングをすることで、体力をつけることができます。やはり、体力がつけば練習も多くこなせるわけですから、バドミントンの上達につながるものですよ。

 

食事に気を使うことも大切です

痩せるためには、食事に気を使うことも大切でしょう。とは言え、食事に気を使いすぎる必要はありません。やはり、食事に気を使いすぎると、ストレスにつながってしまいますからね。

例えば、「暴飲暴食はしない」「就寝直前に夜食を食べない」など、最低限のことを守るようにしてください。このように、食事について最低限のことを守ることで、健康的に痩せることができるのです。

 

「バドミントンを上達させたい」ということをモチベーションにしよう

 

「痩せる」ということは、簡単なことではありません。そのため、痩せようとする段階で、挫折しそうになることがあるでしょう。このように、挫折しそうなときは、「バトミントンを上達させたい」という気持ちを、モチベーションにしてみてはどうでしょうか。

「バドミントンが上手くなりたいから、私は痩せるんだ!」という感じにですね。おそらく、真剣に上手くなりたいのであれば、「バドミントンを上達させたい」という気持ちをもとに、痩せることができるはずです。

 

 

まとめ

 

「楽しむ程度」のバドミントンであれば、太っていても問題ありません。一方、レベルの高いバドミントンをしたいのなら、痩せることが大切になります。

もし、レベルの高いバドミントンをしたいのであれば、痩せる計画を立てるべきでしょう。ただ、痩せることは大切ですが、焦って体を壊さないように注意してくださいね。

平日に活動しているバドミントンサークル

スケジュール

参加連絡

PAGE TOP