こんなにある!バドミントンの魅力

スポーツにもいろいろなものがありますが、その中でも最近バドミントンは注目を浴びています。バドミントン選手はもちろんですが、バドミントンという競技そのものが注目されるようになっているのです。そこで、今回は改めてバドミントンの魅力についてご紹介していきたいと思います。思っている以上にたくさんの魅力がバドミントンにはあるのです。

・誰にでも気軽に始めることができる

・誰にでも気軽に始めることができる

バドミントンの魅力としてまず挙げられるのが誰にでも気軽に始められるという部分です。スポーツはバドミントン以外にもいろいろなものがありますが、例えば「今日からフィギュアスケートを始めたい!」と思っても、実行に移すのは難しいでしょう。スケートリンクがないと練習ができませんし、スケートリンクで使うスケート靴なども必要になってきます。フィギュアスケートを始めるための場所も道具も限られているのです。そのため、どんなに始めたくとも諦めざるを得ないというということもあるでしょう。

それに対して、バドミントンというのは場所も道具も簡単に手に入れることができます。場所は公園などでOKですし、道具に関してはおもちゃのものであれば100円ショップなどでも売っているかもしれません。仮に本格的な道具を購入するとしても、スポーツ用品店に行けばほぼ確実に取り扱いがあるでしょう。「今からバドミントンを始めたい!」と思ったときに、すぐに実行に移せるのもバドミントンの魅力なのです。

また、バドミントンを始めるにあたって専門的な知識やスキルといったものは必要ありません。実際に、詳しいことはよくわかっていないもののザックリとしたルールは知っているという方も多いでしょう。特に、素人の方がちょっとしたお遊び感覚でバドミントンをする場合、シャトルを落としたら負けくらいのルールで十分に楽しむことができます。もちろん、本格的なルールの上で楽しむこともできます。基本的にはシャトルをラケットで打つというシンプルなスポーツであるところも気軽に始められる理由のひとつと言えるでしょう。

・圧倒的なスピード感

バドミントンの試合を見たことのある方であれば、そのスピード感に圧倒されたこともあるのではないでしょうか?意外に知られていないのですが、一流アスリートによるバドミントンのスマッシュは球技最速とも言われているのです。その速度は400キロを軽く超えており、速すぎてわけがわからないレベルです。もちろん、これは競技としてのバドミントンの世界で第一線にいるアスリートの方だからこそ出せる速度ではあるのですが、素人の方でもある程度のスピードを出すことはできます。

バドミントンというと性別や年齢関係なく誰もがポーンポーンとのんびりやっているイメージがありますが、バドミントンという競技になってくるとそのイメージはガラリと変わってしまうのです。しかしながら、その圧倒的なスピード感が魅力にもなっていますし、素人の方でも練習を重ねることによって徐々にそのスピードを増していくことができるのです。最初はポーンポーンと打ち合いをしていたのが、パンパンとスピーディーに打ち合いをできるようになるかもしれません。スピードによって自分の成長を感じられるという部分も魅力と言えるでしょう。

・しっかりと体を動かすことができる

バドミントンというとあまり体を動かさないイメージがあるという方も多いでしょう。実際にうまくやればあまり動かずに済ませることもできるのですが、何も考えずにバドミントンをすると思っている以上に体を動かすことになります。というのも、ちょっとした力加減でシャトルの飛び方というのは違ってきますし、その距離も違ってきます。だからこそ、相手を揺さぶることもできますし、逆に相手から揺さぶられることもあるのです。下半身でシャトルの飛んでいく方向に移動し、上半身でシャトルを打つということになるのですが、まさにバランスのいい全身運動ができるのです。

特に、現代人は慢性的な運動不足に陥っていると言われています。実際に、学生時代の授業以降で体を動かした経験がほとんどないという方も多いのではないでしょうか?運動不足というと軽く考えがちなのですが、運動不足は心身に悪影響を及ぼします。運動不足によって血液の巡りが悪くなります。運動不足によって筋力も低下していきますので、血液循環というのは余計に悪くなりやすいのです。その結果、血液が体の隅々にまで十分に行き渡らなくなり、体の代謝も落ちていきます。冷え性になってしまうこともありますし、肥満のリスクも高まります。また、体を動かすことは人間にとってひとつのストレス解消法でもあります。運動不足というのはストレスを解消させる機会を失ってしまうことでもあるのです。上半身も下半身もしっかりと動かせるバドミントンは、運動不足を解消し、心身を健康に保てるようにもなるのです。

ちなみに、上半身と下半身の両方を使うバドミントンですが、どちらかというと下半身のほうが多く動かすことになるかと思います。つまり、下半身をより強化できるのです。下半身、つまり足腰を鍛えられるというのは、アンチエイジングにもつながってきます。「老化は足元から」とも言われますので、若い方はもちろん、中高年の方にもバドミントンは最適と言えるでしょう。

頭脳プレーを楽しめる

バドミントンというとシャトルの動きを追って、ひたすら打ち返すスポーツだと思っている方もいるかもしれません。しかしながら、バドミントンはもっと知的なスポーツなのです。というのも、バドミントンでは頭脳プレーを楽しむことができるのです。

先でもお話ししましたように、バドミントンというのは圧倒的なスピード感のあるスポーツです。気づいたらシャトルが何往復もしているような状態で、次にどこを狙うかどのように打っていくかといったことを考えるのです。つまり、あの圧倒的なスピード感の中でそれと同じスピード感で頭の中で策を巡らせているのです。

一流アスリートの試合を見てプロの頭脳プレーを楽しむのもいいでしょうし、実際にバドミントンをプレーしながら自分の頭を使うというのもいいでしょう。仮に素人同士であっても、体を動かしながらの頭脳プレー対決というのはなかなかやりがいのあるものです。

・何年でも長く楽しめる

バドミントンというスポーツは何年でも長く楽しめるという部分も魅力になっています。もちろん、どのようなスポーツをやるのかによっても違ってきますが、極めてしまうとそれ以上先に進めないようなものもあります。しかしながら、バドミントンに関してはそれがないのです。言ってしまえば、終わりがないのです。だからこそ、何年でも長く楽しめるのです。

バドミントンのルールというのは覚えてしまえばそれで終わりですが、スキルに関しては際限がありません。極めようと思えばどこまでも極めることができる上に、ゴールはないのです。バドミントンを長く続けている方というのはかなり多いようですが、そういった方の中には長く楽しめるというバドミントンの魅力にとりつかれてしまった方も少なくはないのです。

・バドミントンならではの感触がある

バドミントンを実際にやってみるとよくおわかりになるでしょうが、シャトルをラケットで打ったときの感触というのはバドミントンでしか味わえないものです。重すぎず軽すぎず絶妙な感触ですし、だからこそ自分の思った通りのコースで狙ったところにシャトルを落とすことができるとこれ以上ないほどの達成感を得られるのです。

シャトルをラケットの端っこでかろうじてとらえたときの感触やラケットのいいところでしっかりとシャトルをとらえられたときの感触……そういったものが手から体へとダイレクトに伝わってくるのは、やはり魅力的ですし、こういった感触がバドミントンというスポーツをより楽しくしていると言えるでしょう。バドミントンは感触を楽しめるスポーツとも言えるかもしれません。

・楽しみ方は無限大

そして、バドミントンの魅力は無限大の楽しみ方にもあります。プロアスリートの試合を見て楽しむこともできますし、実際に自分でプレーすることでも楽しめます。実際に自分でプレーする場合には、自分のペースで好きなように気軽に始められるのです。気分転換や運動不足の解消のために素人同士で緩くプレーすることもできますし、本格的にバドミントンの練習を開始するといったこともできるのです。

始めるにあたってのハードルが低く、かつ、マイペースに自分のやり方で続けられるバドミントンは、無限大の可能性を秘めているスポーツであるとも言えるでしょう。どのような角度からでも楽しめます。

PAGE TOP